スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
別れの時
昨晩であなたとは永遠のお別れ。
2年前、我が家にあなたが来てくれてから私はどんなに助かったことか。
次女もすっかりあなたには心を許し、身を任せていたわね。。。
でももう、さよならをする日がやってきたの。

あなたのいない初めての夜は、私も次女もとても不安だった。
何度またあなたの元へ引き返そうかと思ったことか・・・
でも・・・
これは次女自身が決めたことなの・・・

だから・・・もう後ろは振り向かない。
さようなら。



今まで本当にありがとう!









シャンプーハット様




次女はもうすぐ3歳になるというのに、シャンプー時に顔に水がかかるのを極度に嫌がる。
その泣き叫び方といったら、もう間違いなく児童相談所に通報されるようなレベル。
長女も1歳代は同じような感じだったが、2歳を過ぎたころからは自ら湯桶で頭にかけられるようになった。それはそれは修行僧のよう・・・。

しかし次女は全くダメ。
つい先日まで、毎晩風呂に入る瞬間から『おめめがいたいのよー』と訴える。
でもそんな彼女も姉の一言で、自ら脱シャンプーハットを宣言した。
その姉の一言とは・・・。

『いつまで怖がってるのよ!私を見てみなさい!!』と言いながら、長女は湯船にドボーンと潜ってみせた。そして次の瞬間、サダコのようにぬぅぅぅぅっと湯船から顔を出した。
私は一瞬悲鳴を挙げそうになったが、サダコの長女の姿に次女は大爆笑し『Yもやってみた~い♪』と。
長女のおかげで、次女は実に呆気なくシャンプーハットを卒業した。

でもね~私は嬉しさ半分、寂しさ半分。
子供達は毎日少しずつ成長し、色々なことを乗り越えてゆく。
長女の時は嬉しく感じたことも、次女はなんだか寂しくも感じてしまう。
私自身も子離れをしなくては・・・。
シャンプーハット、捨てるには忍びないのでしばらく大事に保管しておこう。

2009022122080001.jpg
スポンサーサイト
【2009/02/21 22:58 】
未分類 | コメント(24)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。