スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
銀杏の木の下で・・・
今週末、長女の幼稚園行事で『クリスマスお遊戯会』が開かれる。
年中さんの長女のクラスは『女の子ダンス』『男の子ダンス』『劇』の3つ。
その中で、長女は自分で『女の子ダンス』を選んだ様子。

内容は・・・どうやら『サンバ』を踊るらしい。
私の想像する『サンバ』とは、やけに露出度の高い服を着て軽快に腰を振る・・・。
しかしここ最近毎晩、自宅で自主練(?)をしているが腰を振ってる様子はない。
先生には『お母さんに見つからないように、こっそり練習してね!』と言われているようだ。
しかし長女は私に見せたくてしょうがない。

『本当は秘密なんだけど、少しだけ見せてあげるね!』と頼んでもいないのに、勝手に目の前で踊り出す。私自身の希望を言わせてもらえば、本番当日までのお楽しみにしたかったんだけど。
ダンスの後にクラス全員で合唱があるのだが、その歌も次女が覚えてしまうほど家で練習。
当日私まで口ずさみそうだわ・・・。

本番前日は、園内でも先生方の準備が忙しい為か園児は給食無しで午前中で帰宅。
普段でもまっすぐ家に入らない長女は、早く帰宅した今日はまだまだ遊び足りない様子で昼食前なのに制服のまま遊びまくる。今日は午後から大荒れの天気との予報だったので、雨が降るまで遊ばせることにした。


黄色い絨毯マツボックリ持っています

散々遊び倒し、公園のベンチでおにぎりを食べ終わったころ空が暗くなってくたので帰宅。
家に入って2分もしないうちに、嵐のような大荒れの天気になった。
午前中は汗ばむようなお天気だったのに。。。

女心と秋の空とはよく言ったものだ。
あ・・・もう冬か。
スポンサーサイト
【2008/12/05 22:42 】
娘達のこと | コメント(16)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。