スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
優しさに思わず・・・
月曜~火曜と幼稚園仲間と遊んだので、今日は朝から暑いし
自宅でゆっくりしようと一人ささやかに決意していた。
毎日毎日外に出るのにも、少し疲れてきていたのもある。

午前中は姉妹で仲良く遊んでいたものの、午後になるとどうしても
喧嘩が始まる。
喧嘩することが悪いとは思わないが、段々とエスカレートしてくるし
次女の金切り声に私の我慢の限界が来てしまった。
そして二人を呼んで、手短に説教。
私に怒られてふてくされた長女はそのままフテ寝。
いつもなら次女も一緒になって寝るのに、なぜか今日は素直に謝ってきた。
2歳児に謝られるとちょっと言い過ぎたかな・・・と反省。
二人でアイスを食べながら仲直りをした。

昼のワイドショーを見ていたら、ソファーで私がウトウトしてしまった。
時間にして3分くらい。
一人ブツブツ何かを言いながら次女が洗面所に向かっていく足音が聞こえ
目が覚めた。風呂場で水遊びでも始めたら大変と思い、起き上がろうとした時
自分の(次女の)バスタオルを持って次女がリビングに戻ってきた。

寝たフリをしてそのまま彼女を観察していた。
うっすらと目を開けたらそのバスタオルを私にそっとかけてくれた!!
あまりにも嬉しくて次女をギュ~と抱きしめていた。
愛しさがこみ上げてきて、先ほど叱りすぎた事を本当に反省した。
まだ2歳なのに、その優しさに本気で嬉しくなった。


『ママ痛いよ!』

ごめん。あまりにも嬉しくてつい力が入っちゃったわ・・・。


『そのままじっとしてて(怒)』

へ?
不穏な空気。


『ママはリラックマのお布団なんだから!!』

はぁ?


次女はお気に入りのぬいぐるみ(リラックマ)で、ヨコになっている私の腹の上でお医者さんごっこを始めた。
どうやら私はぬいぐるみの敷き布団の設定らしい。
そしてバスタオルはシーツ。
けして寝ている私にかけてくれたわけではない。


勝手に勘違いしたのは私だけどさ・・・。
夢を見させてくれてありがとさん(涙)
スポンサーサイト
【2008/08/13 23:44 】
次女のこと | コメント(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。