スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
魔の2歳児
『魔の2歳児』

本日で次女は2歳2ヶ月。
『イヤイヤ期』真っ只中である。
口を開けばまず『イヤ!』『ヤダ!!』
二人目なのでわかってはいるはずなのに、大人気なくカチンと
くる時もある(反省・・・)

2年前の今日の写真を見返してみた。
当たり前だけどまだまだ小さくて、首も据わっていない赤ちゃん。
この時は夜中の授乳で寝不足ながらも、次女の存在がとてもいとおしく
毎日がとても楽しかった。
2年前の自分を思いだし、気持ちを切り替え笑顔で次女に話かけた。


私 :『そろそろお風呂入る時間だよ~ おもちゃを片付けようか』

次女:『イヤ!イヤ~イヤ~!!』

私 :『じゃあ、今日は先に夕飯を食べようか』

次女:『イヤ!お風呂!』

私 :『一緒におもちゃを片付けしよう~♪』

次女:『イヤダ!片付けしないぃぃぃぃ~(号泣)』


う~ん・・・。
時期的な問題だからイライラしちゃいけないんだよね。
(己に言い聞かせ)


スポンサーサイト
【2008/06/03 20:50 】
次女のこと | コメント(2)
次女の幼稚園!?
月曜日は隔週で次女の【幼児リトミック】の日。
内容は母親と一緒にピアノの演奏に合せて歌を歌ったり
ボールやフラフープを使って体を動かしたり、画用紙に絵を描いたりする。
少人数で、しかも周りの生徒も次女と同い年の為かアットホームな感じ。

次女はこのリトミックが大好き!
毎朝起きると『おはよー!さっ幼稚園行くよ~♪』と、
パジャマ姿でかばんを持ってくる。
次女の中ではこのリトミックが自分の【幼稚園】だと思っているようだ。

まぁ無理もない。
毎朝長女は喜んで幼稚園へ行き、帰宅すると真っ先に一日のできごとを
話してくれる。
要は姉の真似をしたいのよね。
この日ばかりは、眠たくてもパパの帰宅を待っている。
旦那が玄関を開けた途端に

『あのね!あのね!!今日ね・・・ゴニョゴニョ』
一生懸命パパに伝えている。
まだ2歳なのに、自分の【居場所】がある事が嬉しいのだろう。
2週間後がまた楽しみだ。




【2008/06/16 22:26 】
次女のこと | コメント(0)
初めての・・・
今日は近所のショッピングセンターで無料で行われている
【親子手遊び&リトミック】に次女と参加。
毎週火曜日に行われているので、よほど天気が悪くない限りは
参加している。

内容は毎週異なるが、絵本の読み聞かせ~季節の歌(今日はかたつむり)
簡単な親子工作など。今日はビニール紐でポンポンを作った。
次女は初めて見るポンポンに大興奮!
振り回したり、なぜか私の頭の上に乗せてみたり・・・。
最後にその出来上がったポンポンで【ミッキーマウスマーチ】の曲に
合わせて踊った。
次女は本当に楽しそうでキャーキャー騒ぎながら踊っていた。

帰宅後、しまじろうのDVDが見たいというので見せたら一通り見終わった時に
いきなり次女が

『ママ~ おしっこ!』

まだ次女はオムツが取れていない。というか、まだトイレトレーニングを
始めてはいないのだが、最近暖かくなってきたせいかオムツが蒸れて
気持ち悪いらしい。
半信半疑ながらトイレへ連れて行き、初めて便座に座らせてみた。
すると少量ながらもオシッコが出た!

素晴らしい!!
次女を褒めて褒めて褒めちぎった。
本人はなぜ母が喜んでいるのかも、自分が褒められているのかが理解できず
ポカンとしていたけど・・・。

次女も確実に日々成長しているんだなぁ。。。と嬉しくもあり寂しくもありました。
【2008/06/17 23:24 】
次女のこと | コメント(0)
優しさに思わず・・・
月曜~火曜と幼稚園仲間と遊んだので、今日は朝から暑いし
自宅でゆっくりしようと一人ささやかに決意していた。
毎日毎日外に出るのにも、少し疲れてきていたのもある。

午前中は姉妹で仲良く遊んでいたものの、午後になるとどうしても
喧嘩が始まる。
喧嘩することが悪いとは思わないが、段々とエスカレートしてくるし
次女の金切り声に私の我慢の限界が来てしまった。
そして二人を呼んで、手短に説教。
私に怒られてふてくされた長女はそのままフテ寝。
いつもなら次女も一緒になって寝るのに、なぜか今日は素直に謝ってきた。
2歳児に謝られるとちょっと言い過ぎたかな・・・と反省。
二人でアイスを食べながら仲直りをした。

昼のワイドショーを見ていたら、ソファーで私がウトウトしてしまった。
時間にして3分くらい。
一人ブツブツ何かを言いながら次女が洗面所に向かっていく足音が聞こえ
目が覚めた。風呂場で水遊びでも始めたら大変と思い、起き上がろうとした時
自分の(次女の)バスタオルを持って次女がリビングに戻ってきた。

寝たフリをしてそのまま彼女を観察していた。
うっすらと目を開けたらそのバスタオルを私にそっとかけてくれた!!
あまりにも嬉しくて次女をギュ~と抱きしめていた。
愛しさがこみ上げてきて、先ほど叱りすぎた事を本当に反省した。
まだ2歳なのに、その優しさに本気で嬉しくなった。


『ママ痛いよ!』

ごめん。あまりにも嬉しくてつい力が入っちゃったわ・・・。


『そのままじっとしてて(怒)』

へ?
不穏な空気。


『ママはリラックマのお布団なんだから!!』

はぁ?


次女はお気に入りのぬいぐるみ(リラックマ)で、ヨコになっている私の腹の上でお医者さんごっこを始めた。
どうやら私はぬいぐるみの敷き布団の設定らしい。
そしてバスタオルはシーツ。
けして寝ている私にかけてくれたわけではない。


勝手に勘違いしたのは私だけどさ・・・。
夢を見させてくれてありがとさん(涙)
【2008/08/13 23:44 】
次女のこと | コメント(0)
【お姉ちゃん】になりたい!
近所に次女と同じ2歳の男の子が住んでいる。
彼には年子の弟がいるので、もうお兄ちゃん。
お兄ちゃんといってもまだまだ自分も母親に甘えたいだろうが、赤ん坊の弟を抱く母親の足元でいつもニコニコしている。

そんな健気な姿を見て

『Yと同い年なのに、ちゃんとママの言う事を聞いてA君はえらいなぁ^^』と彼を褒めた。

その言葉に反応した次女。

『Yちゃん(次女)だって、お姉ちゃんになる!なりたい!!』

『Yはワガママばかりでママを困らせているから、ママのお腹にはもう赤ちゃん来てくれないよ!』と少し意地悪なことを言ってみた。

しばらく考えていた次女・・・





『じゃぁさ~ジャスコで赤ちゃん買ってきて!』


『赤ちゃんはジャスコには売ってないの!神様がYがお姉ちゃんになれるかな~と決めないと赤ちゃん来てくれないのよ!』

『・・・じゃぁYちゃんもがんばる!がんばってお姉ちゃんになる!!』


一時はどうなるかと思ったが、いつの日か次女がお姉ちゃんになる日は来るのかな・・・

う~ん。。。
【2008/09/25 22:15 】
次女のこと | コメント(8)
ヤマハ音楽教室へ・・・
先日、ヤマハ音楽教室の赤りんごコースへ入会した次女。
1ヶ月程前、体験授業を受けていたのですんなり溶け込めるかと
思っていたのに、やけに不安げな表情。

いざ授業が始まっても、ノリが悪い。
前日までは、赤りんごコースのキャラクター『ぷっぷる』を見ては
『早く行きた~い!』と騒いでいたのに。。。

そんな次女の姿を見た先生が、ぷっぷるのぬいぐるみ(パペット)を持って

『Yちゃ~ん!一緒にお歌を歌おう♪』

単純な次女はその一言で、すっかりやる気モードに。
お歌も大きな声で歌い、ノリノリで楽しんでいた。

先生との相性って大事だと思う。
子供は正直だから、先生の対応次第でいくらでもモチベーションが上がる。
これから先、習い事だけではなく幼稚園~小学校、中学校・・・と色々な先生と
出会いがあると思うが、先生は自分で選べるわけではない。
ある意味運だと思う。

次女の担当講師は、第一印象は親の目から見ても良い感じ。
新しい出会いを末永く大事にしていきたい。

テーマ:女の子育児 - ジャンル:育児

【2008/10/03 18:08 】
次女のこと | コメント(7)
児童ホームにて・・・
自宅から自転車で15分位の場所に、市が運営している未就学児が自由に遊べる児童ホームがある。
砂場や三輪車などの遊具もあり、市の職員も数名常駐しているので、安心して子供を遊ばせることができるのが嬉しい。

長女が赤ちゃんの頃は、児童ホームへ徒歩で行ける場所に住んでいたので頻繁に遊びにいっていたが、次女を妊娠前に市内転居をし遠くなってしまったので中々行く機会がなかった。
でも、公園で遊ばせるにはまだ日差しが強いし、次女は現在トイレトレーニング中なのでトイレの有無も気になる。
なので、少し遠いが(実際はたいした距離ではない)近所の2歳児4名で久しぶりに行く事にした。

到着後、次女が真っ先にむかったのは『おままごと』のオモチャがあるお部屋。
ままごとなら家でも・・・と思ったが、やはり女の子はままごとが大好き。
エプロンまでつけて張り切って食事の用意(?)をしていた。

お料理中 食材が下に転がってますよ。



ご飯できたわよ~ 食事が出来たらしい・・・。

このお部屋で1時間程遊んだあと、皆そろってお昼ごはん♪
みんなで食べると食事ってなんでこんなに美味しいんだろうね^^
お金をかけたランチよりも、お友達と一緒だと次女もすごい食欲!
残さず完食し、また午後も遊びまくる。

市内の中学2年生数名が、職場体験の授業で来ていたので一緒に遊んでもらった。
その中の一人のお姉さんがかなり気に入った様子。。。
次女はボールで遊んでもらったり、抱っこしてもらったりと嬉しそう。
母親の私達はすぐに『疲れたからもう休憩ネ~♪』と言うのだが、さすが相手は中学生。
全く疲れ知らずで、延々と2歳児達と遊んでくれた。


『子供ってホントにかわいいですね~』と次女を怖々と抱きながらも、中学生達も嬉しそうだった。
そんな姿に私達母親も嬉しくなった。
中学生と話す機会なんて、今の私にはめったにないこと。
次女も沢山のお姉さん達に全力で遊んでもらいとても嬉しそうだった。

我が子と中学生の清々しい笑顔を見て、行きはフーフー言いながら自転車をこいで行ったが、帰り道は足取りも軽やかだった♪
【2008/10/18 22:22 】
次女のこと | コメント(8)
しゃぼんだま
朝、お姉ちゃんを幼稚園へ送り出した後、まっすぐ家に帰りたがらない次女。
いいお天気だと尚更。まぁ気持ちもわかるから、たいていは付き合う。
今日は午後から予定があったので、やり残した家事を片付けたくてまっすぐ家へ入りたかった。


しかし


そんな私個人の要望など、自由奔放の2歳児に通るわけがない。
強引に家へ入ろうとすると、人さらいにあっているかのような悲鳴をあげるので仕方なく30分ほどつきあう。

本日のリクエストはしゃぼんだま。

しゃぼんだま 一生懸命ふいてます。



少し前までは、たまにしゃぼん液を吸い込んでしまいむせていた。
最近は自分で息を調節して、大きめのしゃぼんだまを作ったりしている。
随分上達したものだ。
普段何気ない遊びの中でも、着実に成長しているのだろう・・・。

でも・・・。
しゃぼんだまの後って、必ず洋服がベトベトになるのよねkao06
ふぅ~~~天気がいいからまた洗濯するかぁ~
【2008/10/20 21:21 】
次女のこと | コメント(10)
チョコバナナとは・・・
先週の土曜日、地元の小学校で行われたお祭りに家族揃って出かけてきた。
私のお目当てはバザーで衣類をGETすることだったが、子供達はそんな私の要望をあっさり無視し

長女:『おなかすいたー!アイス食べたい!』
次女:『あ~フワフワ食べた~い!!』←綿菓子のこと

腹が減っては戦は出来ぬということで、バザーの商品を横目にまず腹ごしらえ。
そこへ

『チョコバナナいかがですか~!1本60円です~』の呼び声が。。。

娘達の目がキラキラしていたので、早速1本ずつお買い上げ。
長女は口いっぱいに頬張って、美味しそうに食べていた。
次女は一口食べた瞬間、


『見て!チョコの中にバナナが入っているよ!!』

はい?今なんておっしゃいました?


バナナの形をしたチョコレートだと思って食べたら、なんとバナナが出てきた!ということだろう。
なるほどね。2歳児の脳みそがフル稼働した結果のお言葉。
詳細を説明しようかと思ったが、本日はお祭り。
2歳児にとっては、チョコとバナナの比率がどうであれ美味しければそれでよし。

帰宅後もしきりに

次女:『あのね、今日チョコの中からバナナが出てきたのよ!』

長女:『へ?違うでしょ!バナナにチョコがかかっていたんだよ!』

次女:『・・・???・・・』

だから~美味しければ、それでいいんだってば^^
【2008/10/27 22:07 】
次女のこと | コメント(7)
次女の勇気ある言葉
昨日の夕方、幼稚園から帰宅した長女とお友達数人に交じって次女が自宅前で遊んでいたときのこと。
高校生の男の子数人が、帰宅途中パンやお菓子を食べながら歩いていた。
そして、そのうちの一人がお菓子の袋を路上に投げ捨てた!

注意しようと思ったその瞬間、スクッと立ち上がった次女Y(2歳6ヶ月)が・・・


『あのさ~そこゴミ箱じゃないの怒 ママにしかられるよ!!』


おっしゃるとおり。
Yさんお見事でございます。



『ごめんね。ちゃんと持って帰るからね。』
逆切れされるかと思ったが、次女の毅然とした態度に面食らった高校生は素直に次女に謝ってきた。
他の高校生達もバツの悪そうな顔をしながら、こちらにペコっと会釈をして帰っていった。


その後、何事もなかったように遊びを再開した次女に長女が駆け寄って

『Yちゃん凄かったよ!エライエライ』と褒め称えていた。


娘達には当たり前のことをきちんとできる大人になってほしい・・・と切に願った一日でした。
【2008/10/29 11:54 】
次女のこと | コメント(8)
☆次女2歳7ヶ月☆
今日で2歳7ヶ月になった次女。
背が低いせいかなんだかまだまだ赤ちゃんぽい。
でも本人は

『あたしも おねーちゃんになったのよ~♪』と頻繁に言う。
理由は一つ。


オムツがほぼ取れたから。。。

長女の時はしまじろうのDVDの力を借りたり、キャラクターの補助便座を購入したり、ご褒美シールなどを使った。もちろん失敗すれば激励したり、親子共々イライラしてしまったり(←反省)。
オムツをはいている時のモコモコのお尻も可愛かったが、本人はパンツの快適さに喜んでいた。

それに比べて次女のトイレトレーニングは・・・。

補助便座は出していないし、コレといったグッズも使用していない。
もちろんご褒美シールなど彼女には知る由も無い。
でもあっさりオシッコはトイレでする!ということを理解したようだ。
夜も寝る前に果物でも食べない限り、朝までおむつは濡れていない。

そんな状態なので、次女も自分専用のパンツを欲しがるようになった。
しかも・・・

『プリキュアのパンツ買ってちょうだい!あ~ちゃんのお下がりはイヤ!!』


はぁ・・・orz

生まれながらに競争相手がいるって、ある意味素晴らしい。
【2008/11/03 16:40 】
次女のこと | コメント(13)
次女も芋ほり♪
先月、長女の通う幼稚園でさつまいも掘りが行われ大量のさつまいもを掘ってきた。よほど楽しかったのか、また来年も沢山掘ってくるね!と今から楽しみにしている。
その話をするたびに、次女もやりたいやりたい!と大騒ぎ。
次女もいずれ長女の通う幼稚園に入園する予定なので

『Yも幼稚園に行くようになったら、沢山おいも掘りができるよ!』と教えていた。


しかし、我が家の2歳児は理解しているようでほとんどわかっていない。
溜息をつきながら『おいも掘りしたいな~』と事あるごとにつぶやく。
そんな次女を不憫に思った同じ園バスママさんから、

『うちの庭に植えたさつまいもが収穫できそうだから、一緒に掘ってみようか』と
先日大変嬉しいお誘いがあった。
もう次女の喜び方は半端じゃない。
普段は長女を幼稚園へ送ってから、一遊びをしないと家に入らないくせにこの時ばかりはまっすぐ帰宅。
いつもこれくらいすんなり家に入ってくれると助かるのだが・・・。

誰に教わったわけでもないのに、自ら長靴を履き準備万端。
早く連れて行けと玄関先で大騒ぎしていた・・・。

おいも 3本掘らせてもらいました^^


土の中からゴロっと大きなさつまいもを見つけた時の、次女のとても嬉しそうな顔は一生忘れられないと思う。貴重な体験をさせてくれたママ友に本当に感謝。


おままごと

芋ほりの後は、広いお庭でままごと遊び♪
お姉ちゃんの帰宅時間ギリギリまで、友人宅で遊ばせてもらい
次女はとても満足した様子。
帰宅した長女に向かって一言。

『Yもおいも掘り頑張ったよ~♪食べさせてあげようか?』


・・・。
【2008/11/18 23:30 】
次女のこと | コメント(8)
シチューですよ~
今日は朝からとても寒かったので、温かいシチューが食べたくなった。
夕飯は絶対にご飯!という旦那様も多いようだが、うちの旦那は食事に関して
全くこだわりはない。夕飯にパンでも問題なし。

なので、夕飯に野菜をたっぷり入れたホワイトシチューを作った。
今週はずっとさっぱりとした和食メニューだった為、長女はもう大喜び♪
普段食が細いのに、凄い勢いで食べ始めおかわりまでしてくれた。

てっきり次女も喜ぶかと思いきや、なんだか冴えない顔をしている・・・。
おやつは与えなかったので、絶対にお腹を空かしているはず。


ワタシ:『どうしたの?お腹空いてないのかな?』

次 女:『う~ん・・・。』

ワタシ:『じゃぁ~まず人参さんから!一口食べてみようか^^』





次 女:『今日は白いみそ汁なの?なんでスプーンで食べるの??』




はっ?みそ汁???

うちはよく『豚汁』や『けんちん汁』などの具沢山のみそ汁をよく作る。
食欲のない時でも、みそ汁だけでも食べれば体も温まるし野菜も摂れるから。
なるほどね。。。2歳児の考えって本当に面白い。
おかげで次女なりに色々考えて食事をしているのがわかり、嬉しかった。
同時にこれから先、手抜きは出来ないなぁ~と少々頭が痛い。
【2008/11/20 21:43 】
次女のこと | コメント(14)
水族館で得たもの・・・
しながわ水族館へ行ってからというもの、次女はペンギンや魚の書いた絵本などをよく読むようになった。
私の予想以上に2歳児でも楽しめたようで、しかも彼女の脳には良い刺激となったのだから連れて行った甲斐があった。

先日、随分昔のしまじろうのDVDを見ていた時のこと。
私は家事をしながらだったものの、チラチラとテレビ画面を見ると『市原ぞうの国』でしまじろうが象に餌を与えている映像が流れた。

それを見た次女が・・・

『おかあさん!象さんは何を食べるか知ってる?』と聞いてきた。

『う~ん・・・わからないなぁ。教えて!』

『しょうがないなぁ~。象さんはパイナップルとかりんごを食べているんだよ!』

・・・。
DVDでたった今象が食べていたものである。
先日水族館でイルカやアシカが魚を食べていたのを次女は食い入るように見ていたので、今度はこちらから質問してみた。

『じゃぁさ~。お魚さんは何を食べているの?』

『・・・お水をゴクゴク飲んでいるんでしょ!』

なるほど。確かに大きな水槽の中にいる魚達は水を飲んでいるように見える。
むしろ、そうとしか思いつかないだろう。
面白くなってきたので、色々聞いてみることにした。

『もっと教えてくれる?Yの大好きな猫ちゃんはいつも何を食べているの?』


『え?猫ちゃん??・・・』


しばらく考えこんでいた。
そして・・・











『えさ でしょ!』




・・・ご名答。

【2009/01/18 00:14 】
次女のこと | コメント(18)
マイコプラズマ肺炎
先週土曜日の夕方から、次女が変な咳をしだした。
食欲もあるし、熱はない。
咳をしている以外は、全く異常なし。
痰の絡んだような咳なのだが、なんだかおかしい気がした。
母親の直感としか言い様がないのだが・・・。

その晩は、自宅に常備してある薬を飲ませて早めに就寝。
翌朝も、咳はあるものの普段と全く変わりはない。
病院に連れていきたいが、あいにく日曜日。
熱もないのに救急に駆け込むのも・・・と思い月曜朝に病院へいくことにした。

しかし、日曜の晩は夜中に何度も咳きこんでいる。
咳こみすぎて嘔吐。しかし痰が切れるとパタンと寝るの繰り返し。
月曜の朝一番に小児科へ連れていくと


『こりゃ~マイコプラズマだね・・・。』


マイコプラズマ肺炎とは、結構比較的軽い部類の肺炎らしい。
悪化させなければ、入院の必要はなく薬のみで治るとのこと。
本人はぐったりしているわけではなく、ケロッとしているのが救いだったが私は思いっきり凹んでしまった。。。
私がしっかりしていないばかりに、丸二日間も次女を苦しめてしまった。
おかしいと思った土曜日になぜ病院へ連れていかなかったのか・・・
日曜日に休日救急に連れて行ってやればよかった・・・と後悔ばかりが募る。

処方された薬も苦いものばかり。
しかも量もかなり多い。
普段なら薬は嫌がる次女も、さすがに飲まないと治らないと理解したようですんなり飲んだ。
まだ夜中の咳→嘔吐はあるものの、昼間はかなり落ち着いている。
夜に眠れないのと薬の副作用で、今は私の腕の中でスヤスヤと眠っている。


うるさくて、親の言うことを聞かないくらいの方がちょうどいい。
子供のうちに、色々な病気を経験して大きくなった方がいいとはいうけれど、夜中に不安で震えながら私の腕にしがみついてくる姿は本当に心苦しい。
一日でも早く治ってほしいと願うばかりだ・・・。
【2009/01/21 11:01 】
次女のこと | コメント(31)
元気になりました!
先月マイコプラズマ肺炎を患った次女。
活発で少しの時間もじっとしていられない子なので、少し元気になってくると外に出たくてしょうがない。
大人でも一週間以上も家に閉じこもっていたら、気が狂いそうになるので気持はわかる。

医者から処方された薬は飲み終え、すっかり元気になったので先週二人で久しぶりのお買い物。
と・・・いっても、物凄く近場のショッピングセンターへ(^_^;)
本当は広い公園に連れて行きたいのだが、あいにく風が冷たく物凄く寒い。
せっかく治ったのに、今また風邪をひかせるわけにはいかない・・・。

ララちゃん&イオくん

当の本人は、外に出られるのならどこでもかまわない!といった雰囲気でとても嬉しそう。
店内でも勝手に『ポニョ』の替え歌を作り、一人ノリノリで歌いまくる・・・(-"-)
今まではお菓子が食べたいだの、のどが渇いた・・・等々のワガママを言いだす次女を連れての買い物が面倒だった。
しかし、次女と手をつないで歩ける幸せ。
お昼に二人でパン屋さんの焼きたてパンをほお張れる幸せ。
こんな何気ない瞬間をとても楽しく最高に幸せだと感じた。

次女が病気をしなければ、私は気付かなかっただろう。
朝から晩まで次女と一緒にいられるのも、来年春の入園までのあと1年2か月。
まだまだ先だと思うか、それともあと1年しかないと思うか・・・。
子供はいずれ親から離れていく。
毎日全力でぶつかってくるわが子を、私も全力で受け止めようと思った。

テーマ:2歳児の日常 - ジャンル:育児

【2009/02/01 21:57 】
次女のこと | コメント(20)
・・・マラカス作成・・・
昨年の秋から次女は『ヤマハ音楽教室』へ通っている。
月に3回程度なのだが、本人は楽しくてしょうがないらしい。
習い事は本人のやる気がなければ続かないので、次女には合っているのだろう。

先々週、担当の講師から宿題を出されたようだ。
次女はお休みをしていたので、一緒に通うお友達から伝言をもらった。
内容は・・・

『次回までに手作りのマラカスを作成してきてください』とのこと。


マラカス作成!


音楽教室に通っているのに、手作りの楽器!?と思ったのだが、決まりなのだからしかたない。先日我が家で、お友達と一緒に作成した。
大きさの指定はなかったので、ペットボトルやガチャガチャのケースなどで作ろうかと悩んだが、、結局握りやすいヤクルト容器で作業開始。
中身はお姉ちゃんの『ビーズ』を少し拝借・・・。
ベースが出来上がると、子供たちは嬉しそうにシールを周りに張り始めた。

たのしぃ~♪

完成したマラカスを握り、大喜びの子供たち。
与えられた楽器よりも、子どもにとったら数倍嬉しくて楽しいだろう。
そんな単純なことに、我が子から気付かされた一日だった。

テーマ:2歳児の日常 - ジャンル:育児

【2009/02/04 14:24 】
次女のこと | コメント(20)
あ・い・う・え・お!
本日は卒園式の為、在園児はお休み。
朝から快晴でポカポカ陽気ときたら、娘達がじっとしていられるわけがない。
特に買う物もなかったのだが、とりあえず近所のショッピングセンターへ。

到着後すぐに、我が家と同じように暇を持て余しているクラスメイト数名に遭遇。
長女は大喜びでお友達と遊び出す・・・。
仲間に入れずブータレる次女・・・。
少しの間長女をママ友にお願いし、次女は店内に置いてあるサンプルのおもちゃで遊ばすことにした。

2009031715010000.jpg

ここ最近、物凄く『ひらがな』に興味をもってきた。
長女がしょっちゅうお友達に手紙を書いているので、次女自身も読み書きができるようになりたいのだろう。

2009031714500000.jpg 動いているのでブレまくり。

この乗用玩具は回転しながら上下にスイングする。
どうやらすっかりお気に召したようで、延々と飽きることなく乗っていた・・・。
しかし、ママ友にかれこれ1時間近く長女を面倒見てもらっていたので、次女に降りるよう伝えた。
物すごく名残惜しそうな目で見つめたあと・・・


『コレ・・・お持ちかえりする?』



できませんよ!!
【2009/03/17 22:23 】
次女のこと | コメント(25)
♪次女3歳の誕生日♪
今日4月3日は次女の誕生日。

3年前の午後9時30分、陣痛開始から僅か50分で元気な産声をあげた。
お産の痛みよりも、安堵感でいっぱいだったのをよく覚えている。
二度目の出産といえど、一度経験済みの痛みをまた味わうのかと思うと、長女の時よりも恐怖感はあった気がする。
しかし、経産婦だった為ほんとあっさり終わった。。。


妊娠発覚後から2ヶ月半の間続いた『つわり』。
長女の時もそれなりにきつかったが、今回はものすごく酷かった。
水分すらも摂れなくなったため、病院に行くと『重度妊娠悪阻』との診断。
点滴とひたすら安静の日々で、なんとか乗り切った。

やっと悪阻も落ち着いてきた頃、当時1歳代の長女の精神状態が不安定になった。
やたら夜泣きをするようになり、明けても暮れても抱っこをせがむ。
お腹の赤ちゃんのことよりも、なるべく長女の気持ちに応えてあげようと必死になった。
しかし私も妊婦。
時には感情的に長女を叱ってしまったことも・・・。

妊娠後期になったとたん、知らず知らずのうちに体を無理させていたようで、『切迫早産』の診断。
医者から『今回ばかりはお腹の赤ちゃん優先で考えてあげて』と言われ、泣く泣く長女を出産まで埼玉県の義実家に預けることにした。
その日から私は、ひたすら安静、安静・・・安静。
トイレとお風呂以外は横になっている生活。
今そんなことをしようものなら旦那に踏みつぶされるだろうが、その時は堂々と寝ているしかなかった。

そんな辛い妊娠生活を終え、次女と初対面した瞬間はただただ感謝の気持ちしかなかった。
妊娠中、全く使い物にならない私を必死に支えてくれた旦那に。
母親を一番必要とする時期に、泣きごと一つ言わずに義実家にて良い子にしていた長女に。
そして、無事に生まれてきてくれた次女に。。。

4人家族になって、今日で丸3年。
振り返ると色々あったが、私の人生の中で一番充実していたのではないかな。
ここ最近では、長女と次女で二人仲良く遊んでくれるようになった。
もちろん喧嘩もするが、それは当たり前のこと。


次女へ・・・

3歳の誕生日、本当におめでとう!
これからも、愛くるしい笑顔でお母さんを癒してね♪
【2009/04/03 14:55 】
次女のこと | コメント(24)
・・・次女の七五三撮影・・・
二週間ほど前、近所のショッピングセンター内にある『スタジオアリス』にて、次女の七五三撮影ををしてきた。
お参り自体は11月に行く予定だが、その時期の写真撮影は激混みでゆっくりと撮影ができないので(長女時に経験済)、あえてこの時期にした。

本格的に日焼けをする前に撮影したかったのと、早撮りキャンペーンをやっていたのでそれに便乗したかたちになる・・・。

事前に次女には、スタジオアリスのHPや新聞折り込み広告を見せていたので、当日朝もやる気満々。広告に載っていた着物(被布)をえらくお気に召した様で、それを絶対に着るのだと鼻息を荒くしていた。
彼女の選んだ着物は、今流行りのブランド着物。
デザイン的にはかなり可愛いのだろうが、一生に一度の三歳の写真。
私的には少し納得がいかなかったので、現地にてそれなりの物を着せようと思っていた。

しかし・・・私の考えは甘かった。
予約時刻よりも少し早く到着し、ゆっくりと着物を選ばせようと思ったが、当の本人は先ほどの着物を見つけ、絶対にコレじゃなきゃ嫌だと駄々をこねた。
なので、彼女好みの被布とそれなりの被布を着せることになり一件落着。。。
長女は来年七歳のお祝いをする予定なのだが、せっかくなので七歳用の着物をお借りし一緒に撮影。

そもそも七五三とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う年中行事。
二人揃っての着物姿を目の当たりにし、今日まで健やかに成長してくれたことに心から感謝した。


そして、先日出来上がった写真がこちら↓

200907252250000.jpg

デジタルアルバムと四つ切りサイズの写真を自宅用にし、上記4枚のL版を額縁に入れて両家の両親へプレゼントする予定。
出来あがった写真を見た次女が一言。



『次は、ピンクの着物を着よ~っと!』

四年後にどうぞ。
【2009/07/26 22:49 】
次女のこと | コメント(10)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。